FC2ブログ
2018 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 09

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

富樫倫太郎 SRO Ⅰ

【07//2012】

富樫倫太郎SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室(1)読み終わりました。


内容(「BOOK」データベースより)

警視庁に新設された広域捜査専任特別調査室、通称「SRO」。

総勢7名の小所帯にもかかわらず5人がキャリアという、管轄の枠を越えた花形部署のはずが、その内実は訳ありだった。

山梨で発見された白骨死体をきっかけに、史上最凶の連続殺人犯「ドクター」を追う調査員たち。

警察組織の限界に迫る、新時代警察小説の登場。



警察にはいろいろな縄張り争いがあるみたいですね。

警視庁と警察庁、警視庁と神奈川県警、警視庁と所轄署みたいな。

日本にもFBIのような広域捜査の部署をつくったらどうなるのか。という話です。

創設には小泉純一郎っぽい人がかかわっています。


室長は変わってますが合理主義者で、必要とあらば権威を平気で利用します。

所轄の署長がぐだぐだ文句を言うと、直接警視総監に電話したりします。

ある意味爽快です。

SRO1

今回はシリーズを三冊買いました。

一冊目はだいたい紹介に終わるパターンが多いですが、今作もそんな感じです。


今回はキャリアエリート5人+事務官2人だけで構成される新設部署です。

SROのメンバーもいろんな過去を持ってたり、曲者がそろってます。


ある意味王道ですかね。姫川班や失踪課など。


おススメ度:です。

次が気になります。そういう終わり方でした。

読みたくなったでしょ?こっちも優越感だ。ぐふふ
関連記事
スポンサーサイト

Category:

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

大好物

この手の本・・・大好物です!

初めて見る作者名です!

読みたい・・・・

何だろう?

この敗北感は・・・

Posted at 18:04:41 2012/06/07 by 大阪のおばちゃんだ!

Comments

Re: 大好物

まだまだ修行が足りないなルーク・スカイウォーカー。

Posted at 23:14:52 2012/06/07 by hikokichi

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。