2015 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 10

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

乾ルカ 「ばくりや」

【17//2015】

乾ルカ 「ばくりや」読みました。

内容(「BOOK」データベースより)
ご不要になったあなたの能力お取り替えします。

北の街の路地裏に、その店はあった―。

ハンサムでもないのに異常に女にもてる、就職した会社が必ずつぶれる。

古い自分を脱ぎ捨てるため、「ばくりや」を訪れた者たちの運命は。








なんかパンチの効いてる絵だな(^^)と思いましたが、藤子不二雄A先生でした。さすがです。

確かに内容も喪黒福造とかA先生にぴったりです(^^)


能力の交換ということですが、自分に不要な能力も他人には宝かもしれません。

いろいろ考えさせらました。


オチはちょっとゾッとしますね(^_^;)



関連記事
スポンサーサイト

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

西尾維新 「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」

【16//2015】

西尾維新 「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」読みました。

お初の作家さんです。

内容紹介

自分ではない他人を愛するというのは一種の才能だ。
他のあらゆる才能と同様、なければそれまでの話だし、たとえあっても使わなければ話にならない。
嘘や偽り、そういった言葉の示す意味が皆目見当つかないほどの誠実な正直者、つまりこのぼくは、4月、友人玖渚友に付き添う形で、財閥令嬢が住まう絶海の孤島を訪れた。

けれど、あろうことかその島に招かれていたのは、ぼくなど足下どころか靴の裏にさえ及ばないほど、それぞれの専門分野に突出した天才ばかりで、ぼくはそして、やがて起きた殺人事件を通じ、才能なる概念の重量を思い知ることになる。
まあ、これも言ってみただけの戯言なんだけれど



内容(「BOOK」データベースより)

絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が“科学・絵画・料理・占術・工学”、五人の「天才」女性を招待した瞬間、“孤島×密室×首なし死体”の連鎖がスタートする。
工学の天才美少女、「青色サヴァン」こと玖渚友とその冴えない友人、「戯言遣い」いーちゃんは、「天才」の凶行を“証明終了”できるのか?








まったく情報がないまま読み始めましたが、本格かな?

シャーロック・ホームズとワトソン博士のスタイルかな?と思いましたたが、ほとんどワトソンが処理してしまいました(^_^;)



伏線がほったらかしかよ…と思いましたが、最後ちゃんと辻褄が合ってました(^O^)


前もそんなこと思ったな~天才道尾秀介作品でした。


関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ダンジョンに出会いを求めるのは間違ってるだろうか 7

【09//2015】

ダンジョンに出会いを求めるのは間違ってるだろうか 7 読みました。

あとがきにも書かれてましたが劇場版みたいな感じですね^ ^





それにしてもなかなかダンジョンに潜りませんね〜

そちらは外伝に書かれてるらしいです。


ウィザードリィみたいなロールプレイングゲームがやりたくなりました。

もう昔みたいな根気はm無いかなぁ😓

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

BECK その2

【08//2015】

渡り蟹のパスタです。

写真がデカくてすいませんm(__)m

渡り蟹のパスタ

これで不味かったら怒りますよね(^^)


ソーセージ

ソーセージは前の店と同じレシピだったら間違いなく美味い(^^)

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

イタリア食堂 BECK

【06//2015】

後輩2号の店が名古屋にオープンしました(^O^)

イタリア食堂 BECKといいます。

とりあえず宣伝しておきます。






食べログ






原価高そうだけど大丈夫かな?

今度行ってみます☆彡


関連記事

Category:

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

我孫子武丸 「8の殺人」

【05//2015】

我孫子武丸 「8の殺人」読みました。


かまいたちの夜でお馴染みの…







デビュー作ということで本格でもこねくり回していない分読みやすいかもしれませんね^ ^


漫画のトキワ荘のように当時の若手本格推理作家の交流があったみたいで面白いですね⤴︎

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

平山夢明 「ダイナー」

【04//2015】

平山夢明 「ダイナー」読みました。

たぶんお初の作家さんです。


内容(「BOOK」データベースより)
ほんの出来心から携帯闇サイトのバイトに手を出したオオバカナコは、凄惨な拷問に遭遇したあげく、会員制のダイナーに使い捨てのウェイトレスとして売られてしまう。
そこは、プロの殺し屋たちが束の間の憩いを求めて集う食堂だった―ある日突然落ちた、奈落でのお話。







独特の世界観で面白かったです(^O^)

グロい表現が苦手な人は読まないほうがいいでしょう。


映像化するなら「デビッド・リンチ」か「タランティーノ」でしょう。


ちゃんとしたハンバーガーが食べてみたくなりました。








関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

柴田哲孝 「GEQ」

【01//2015】

柴田哲孝 「GEQ」読みました。

GEQとはグレートアースクエイク「大地震」という造語のようです。

今日9月1日は防災の日ですね。

内容(「BOOK」データベースより)
1995年1月17日午前5時46分阪神淡路大震災勃発。
事実を積み重ねれば、恐るべき“真実”となる。
GEQ(大地震)の裏に隠された陰謀とは?読む者を震撼させずにはおかない驚異の長編ミステリー。




阪神淡路大震災のとき何してたかな?

記憶が全くありませんm(__)m


この本を読んで村山富市元総理のことを調べてみたら怒りが湧いてきました。

対応が早ければ救えた命があったかもしれませんね。


兵庫の県知事も自衛隊の要請がもっと早ければ…

情報がこないって言ってましたが、自分から連絡する気は無かったのでしょうか?

地震が起きた朝も公用車が来るまで待っていたそうです…





そういえば自民党のとき大地震ないな…


関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。