2015 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 08

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

堂場瞬一 「水を打つ」

【28//2015】

堂場瞬一 「水を打つ」読みました。

一足先に「東京オリンピック」楽しませてもらいました(^O^)水泳限定ですが…

この作品が出版された時点ではまだ東京に決定してなかったと思います。









一時期話題になった水着問題もネタに出てきて楽しめました。

今どうなってるのか気になって調べてみたら、材質・覆う範囲が規制されたようです。


リレーのバトンの受け渡しとかでタイムを縮めるのは日本人が得意な気がする。

関連記事
スポンサーサイト

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

今日から

【25//2015】

今日から男鹿ロックフェスティバルです(・∀・)

今年も行けません(ToT)


トリらしいモンゴル800です(^O^)


苗場に負けるな!





すごい数の名前が刻んであるな…と思ったら戦死者24万人!

安倍さんで大丈夫か?

野党よりはましか…

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

有川浩 「空飛ぶ広報室」

【22//2015】

有川浩 「空飛ぶ広報室」読みました。

不慮の事故でP免になった戦闘機パイロット空井大祐29歳が転勤した先は防衛省航空自衛隊航空幕僚監部広報室。

待ち受けるのは、ミーハー室長の鷺坂(またの名を詐欺師鷺坂)をはじめ、尻を掻く紅一点のべらんめえ美人・柚木や、鷺坂ファンクラブ1号で「風紀委員by柚木」の槙博己、鷺坂ファンクラブ2号の気儘なオレ様・片山、ベテラン広報官で空井の指導役・比嘉など、ひと癖もふた癖もある先輩たちだった……。

有川浩、渾身のドラマティック長篇小説。







基本的に「図書館戦争」っぽいですね。

特に大事件は起きないのですが、広報室の職員ひとりひとりにスポットを当てて、短編風になっています。


書き下ろしの「あの日の松島」は泣きそうになりました。

地震や災害で自衛隊にお世話になった人は暴力装置とは絶対によばないでしょう。

今年の秋田の六魂祭のブルーインパルスはFacebookでみるとかなりかっこよかったようです(・∀・)


この小説自体がリアルの自衛隊の広報室から執筆しませんか?

という依頼があったというのが面白いですね。

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

恒川光太郎 「雷の季節の終わりに」

【20//2015】

恒川光太郎 「雷の季節の終わりに」読みました。

内容紹介
現世から隠れて存在する異世界・穏(おん)で暮らすみなしごの少年・賢也。
穏には、春夏秋冬のほかにもうひとつ、雷季と呼ばれる季節があった――。

内容(「BOOK」データベースより)
雷の季節に起こることは、誰にもわかりはしない―。
地図にも載っていない隠れ里「穏」で暮らす少年・賢也には、ある秘密があった―。
異界の渡り鳥、外界との境界を守る闇番、不死身の怪物・トバムネキなどが跋扈する壮大で叙情的な世界観と、静謐で透明感のある筆致で、読者を“ここではないどこか”へ連れ去る鬼才・恒川光太郎、入魂の長編ホラーファンタジー。








期待してなかったのですがすごいおもしろかったです。

和ファンタジーですね。


夜市という作品も気になります(^^)

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

北村薫 「鷺と雪」

【14//2015】

北村薫 「鷺と雪」読みました。


直木賞受賞作だそうです。

確かこのミスでも上位だった気がする。


でもこの人の作品は好みに合わないようです(ToT)

5作以上は読んでると思います。







最後だけちょっと「お~っ」と思います。

でもその人物がいまいち誰だったかわからない…


関連記事

Category:

Comments (3)Trackbacks (-) | トップへ戻る

佐藤二朗

【13//2015】

ラーメン屋にサインが貼ってあることがありますが、たいてい誰のサインだかわかりません。

大崎のつけ麺大王に行ったら「佐藤二朗」と読みやすいサインが…笑


で、誰?

ということで検索してみた結果…





月九に出てた人でした(・∀・)

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

道尾秀介 「花と流れ星」

【10//2015】

道尾秀介 「花と流れ星」読みました。

内容(「BOOK」データベースより)
死んだ妻に会いたくて、霊現象探求所を構えている真備。

その助手の凛。凛にほのかな思いを寄せる、売れない作家道尾。

三人のもとに、傷ついた心を持った人たちが訪れる。

友人の両親を殺した犯人を見つけたい少年。

自分のせいで孫を亡くした老人…。彼らには誰にも打ち明けられない秘密があった―。

人生の光と影を集めた、心騒ぐ五篇。



真備・道尾・凛シリーズの短篇集でした。








短編でも天才道尾秀介凄いですね~

特に初めのが凄かった(・∀・)

読み終わった後ゾクゾクした。


読みやすいから道尾初心者でもいいかもね。

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

堂島ロール

【08//2015】

大崎で仕事があったので前から気になってた堂島ロールを買いに行きました(^^)

ホントは果物が入ってないプレーンが食べたかったが売り切れてました(^_^;)









味の感想ですが、一人でハーフを全部食べましたが、クリームが軽くて全然持たれませんでした。

値段を考えるとリピートは微妙なところです…


夕食は節約のためこれと豆腐にしました…

プリンも気になりましたが、こちらもなかなかの値段でした(^_^;)


関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。