2014 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 01

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

貴志祐介 「ダークゾーン」

【04//2014】

貴志祐介 「ダークゾーン」読みました。

初期の貴志祐介みたいな作品ですね。

ある日目を覚ましたら…というところから始まりますが、概略を説明するのが難しい作品です。





「戦え。戦い続けろ」将棋プロ棋士の卵・塚田は、赤い異形の戦士と化した十七人の仲間と共に、闇の中で目覚めた。

謎の廃墟を舞台に開始された青い軍団との闘い。

敵として生き返る「駒」、戦果に応じた強力化など、奇妙なルールのもと、現実世界との繋がりが見えぬまま続く七番勝負。

それは、まるで異次元の将棋だった。頭脳戦、心理戦、そして奇襲戦。

コンクリートの要塞“軍艦島"で繰り広げられる地獄のバトル。これは神の仕掛けか、悪魔の所業か。エンターテインメント界の鬼才が、圧巻の世界観で贈る最強長編!






将棋は目が四角ですが、ボードのシミュレーションゲームみたいに六角です。





テレビの番組で五人の「将棋のプロ」対「将棋ソフト」の対決を密着で放送してて面白かったです。

二人連続でコンピューターに敗れましたが、三人目の棋士がその戦いを見て弱点を見抜きました。

コンピューターは過去のデータを参考にするため、データが少ない戦法に弱いらしいのです。

わざと破天荒に戦い、手を読まれないようにして見事勝利しました。


続く四人目もその戦法で行くのか悩んだようですが、あえてガップリ戦う道を選びます。

お互い五分五分の戦いをしていたようですが、コンピューターが通常有り得ないような大ポカを打ってしまいます。

人間が通常しないミスを目の当たりにして動揺したのか人間側もミスしてしまい、挽回できないまま敗れてしまいました。


Bonanzaやポナンザを一般人向けに弱くするのも結構センスが必要かもしれませんね。

飛車、角抜きでもめちゃくちゃ強そうですから…




ちなみに作品に出てくる端島(軍艦島)です。

https://www.youtube.com/watch?v=AFma39X_SCI
関連記事
スポンサーサイト

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。