2013 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 09

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

殿堂入り「モンスターハンター2ndG」

【29//2013】

今回の殿堂入りはゲームです

カプコンのモンスターハンターです。


売上枚数もモンスター級で300万枚とか。

茨城県民が赤ちゃんからお年寄りまで全員持っている計算らしいです。

mh2g_1

mh2g_2

みんなでワイワイやるのが楽しいですね。

一人だとモンスターが強くて大変です。

何回PSPぶん投げたことか…


3DS欲しいけど金欠です

3rdG出ないかな…PSPで




関連記事
スポンサーサイト

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

深町秋生 「アウトクラッシュ」

【28//2013】

深町秋生 「アウトクラッシュ」読み終わりました。

組織犯罪対策課・八神瑛子シリーズ第二段です。

これは結構記憶が残ってました。

アウトクラッシュ_1

アウトクラッシュ_2

オススメ度: かな。

前作から読むと5です。


なんか文章が上手くなったのか一気に読ませますね。スピード感があります。

えらそうにスイマセン。

その分伏線なんかはありません。


三作で終わっているようなので、内容忘れないうちに105円コーナーに並んでるといいな。


関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ワンピース68巻 「海賊同盟」

【27//2013】

ペース配分を間違えて行きで本を読みきってしまい、帰りに読む本がなくなってしまいました。

そういう時のためにワンピースを読まずにいました。

とりあえず近くの本屋で購入です。最新刊は71巻まで出ていました。

ワンピース68巻

すげーーいいとこで終わってますね。

次続けて買っちゃいそうです。いや、たぶん買うでしょう。




関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

デジカメ レンズ内のホコリ

【26//2013】

デジカメのレンズの内側にごみが入ったようで買い替えも覚悟しましたが…

ダメ元でパワープレー…

ホコリ_1

ボーイズビーアンビシャス_2

ホコリ_2

とれました

良い子は真似しないでね

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

東直己 「ボーイズ、ビィ・アンビシャス」

【25//2013】

東直己 「ボーイズ、ビィ・アンビシャス」読み終わりました。

「ハーフボイルド」シリーズ第二弾らしいです。

例によって第一弾読んでません。


ハードボイルドが固茹で卵だとしたら、ハーフボイルドは温泉卵でしょうか?

読んでみると確かに主人公が半人前の大学生の「ハーフボイルド」でした

ボーイズビーアンビシャス_1

カメラのレンズにホコリが…白だと目立ちますね拭いてもダメでした。

ボーイズビーアンビシャス_2

おすすめ度:  かな。

畝原シリーズや、俺シリーズには遠く及びませんね。


便利屋「俺」が登場しますので「俺」ファンは読んでみるといいかもしれませんね。

「俺」がかなりカッコよく書かれています。

この本は半分は「俺」の本かもしれませんね。


関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

殿堂入り 村上龍「テニスボーイの憂鬱」

【23//2013】

久しぶりに殿堂入りコーナーです。

今回はミステリではありません。

村上龍の「テニスボーイの憂鬱」です。

テニスボーイ_1

この本を読んで初めて文章が芸術になることを知りました。

下の帯を読んでみてください。感じ取れるかな?

テニスボーイ_2

特にストーリーはありません。

バブルの頃の作品なので、特に文章がキラキラとシャンペンの泡のように輝いています。

興味がありましたら読んでみてください。

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

堂場瞬一 「天国の罠」

【22//2013】

堂場瞬一 「天国の罠」読み終わりました。

探偵役(今回は記者)が人を探すのが好きですが、今回は「火車」のように謎の女を捜していくワクワクなすトーリーです。

天国の罠_1

天国の罠_2

おすすめ度:です。

楽しめましたさすがです。


関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

怖い本

【19//2013】

鈴木光司「リング」、村上龍「イン・ザ・ミソスープ」、貴志祐介「黒い家」

怖い本_1

怖い本_2

フランクこえ~、映画化は結局中止かな?


関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

松岡圭祐 「万能鑑定士Qの事件簿」Ⅰ・Ⅱ

【17//2013】

松岡圭祐 「万能鑑定士Qの事件簿」Ⅰ・Ⅱ読み終わりました。

前にⅡを読んでピンとこなかったのですが、どうやらⅠとⅡでセットのようです。

どうせなら上と下にしたほうがいいんじゃないでしょうか?


万能鑑定士QA_1

ザ・ピンぼけ

万能鑑定士QA_2

万能鑑定士QA_3

オススメ度: かな?

そんなのでハイパーインフレになるかな?と思いました。

が、国民1人当たり約779万円の借金を抱えているこの国の政府はチャラにするためにそのシナリオを考えてるかもしれません。相変わらず目の付け所は鋭いです。


前に靖国神社の裏の角川書店に行ったことがあるので、思い出して一人でウケてました。



関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

桜庭一樹 「ゴシック」

【15//2013】

桜庭一樹 「ゴシック」読み終わりました。


仕事でお世話になっているKさんにおすすめされて読んでみました。

前に読んだ「ファミリーポートレート」がよくわからなかったのでどうかな?と思いましたが。


読んでみるとライトノベルみたいで読みやすく、面白かったです。

ホームズとワトソン、水谷豊と寺脇康文みたいな王道のアレンジですかね。

ゴシック_1

ゴシック_2

オススメ度:かな。

軽くて読みやすいですね。

古典的なトリックだな…と思ったら、そこからけっこうスケールが大きい話に展開していきます。

シリーズの2と3も買ったので、二人の活躍を楽しみにしています。



アニメ化されているようです。

軍人の三男坊なのに髪の毛長いな。

警部の髪型が凄い笑
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

貴志祐介 「狐火の家」

【14//2013】

貴志祐介 「狐火の家」読み終わりました。

防犯コンサルタント(本職は泥棒?)榎本と、美人弁護士・純子のコンビが究極の密室トリックに挑む、防犯探偵シリーズ、第2弾。だそうです。

読む順番を間違えました。「鍵のかかった部屋」のほうが出版されたのが後でした…


ちなみに第一弾の「硝子のハンマー」も読みましたが、内容が全然思い出せません。

内容をすぐ忘れてしまうので、まさかのミステリーの再読が可能です笑

狐火の家_1

狐火の家_2

オススメ度: かな。

暇つぶしにはいいかも。



音楽がかっこよかったなー。

小説よりドラマ向きかもしれません。月9以外でまたやってほしいな。
関連記事

Category:

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

貴志祐介 「鍵のかかった部屋」

【04//2013】

貴志祐介 「鍵のかかった部屋」読み終わりました。

この小説は…普通ですね。ザ・普通。

貴志祐介は短編が得意じゃないかもしれませんね。

いい短編読み終わった後の爽やかさがありません。


嵐の大野君が主役の月9ドラマの原作でしたね。

小説の榎本径はそれほどキャラが立っていないというか、あまり細かく描かれていません。

鍵のかかった部屋_1

鍵のかかった部屋_2

鍵のかかった部屋_3

オススメ度:  かな。

密室が好きな人にはおすすめです。が、そうでない人にはあまりおすすめできないかな。


いつもの105円コーナーで買ったのですが850円でした

レジでびっくりしましたが小心者なのでそのまま買ってしまいました

前にもあったので気をつけていましたが、油断してました。

850円だったら買わなかったな…次から気をつけよう。

俺ってセコいな


関連記事

Category:

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

深町秋生 「果てしなき渇き」

【03//2013】

深町秋生 「果てしなき渇き」読み終わりました。

これも人探しですが…だいぶ様相が違いますね。


内容紹介
失踪した娘を捜し求めるうちに、徐々に“闇の奥”へと遡行していく父。

娘は一体どんな人間なのか――。ひとりの少女をめぐる、男たちの狂気の物語。

その果てには……。

全選考委員が圧倒された暗き情念の衝撃作!!


果てしなき渇き_1

果てしなき渇き_2

オススメ度:  かな。☆無しでもいいけど…

読み終わった後はだいぶ後味が悪いですね。

救いが無いな。馳星周並に。

でも読んでいるときは結構引きこまれました。

元気がないときには決して読まないように

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

笹本稜平 「時の渚」

【01//2013】

笹本稜平 「時の渚」読み終わりました。

元刑事の探偵に人探しの依頼が来る。このシチュエーションにハズレはほぼありません。

内容紹介
第18回サントリーミステリー大賞受賞作待望の文庫化!

探偵の茜沢は末期癌に冒された老人から、昔生き別れになった息子を探し出すよう依頼される。

やがて明らかになる「血」の因縁と悲劇


内容(「BOOK」データベースより)
元刑事で、今はしがない私立探偵である茜沢圭は、末期癌に冒された老人から、35年前に生き別れになった息子を捜し出すよう依頼される。

茜沢は息子の消息を辿る中で、自分の家族を奪った轢き逃げ事件との関連を見出す…。

「家族の絆」とは何か、を問う第18回サントリーミステリー大賞&読者賞ダブル受賞作品。


時の渚_1

時の渚_2

オススメ度:です。

若干ご都合主義な感じもしますが、人探しものが好きなので楽しめました。

探していくうちに、他の事件に繋がっていく。王道ですね。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。