2013 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 06

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

アクエリアスのCM

【30//2013】

あの短いCMの裏でこんなことが。



俺も頑張ろ。

関連記事
スポンサーサイト

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

サカつく6

【29//2013】

ブックオフで500円で購入しました。

サッカーチームのオーナーになって世界一を目指します。

サカつく6

これのせいで読書はお休み中です。

なかなか終わりのない麻薬的なゲームです。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

虎ノ門の石垣

【16//2013】

この前仕事で虎ノ門にいった時にパチリ。

石垣

江戸城の跡らしいです。


霞ヶ関辺りにはこのような石垣を結構目にします。

前にタモリ倶楽部を観ていたら、さすがマニアックな番組です石垣めぐりをしていました。

昔の大名屋敷が霞ヶ関辺りには多かったようです。


東京歩くと知らずに歴史的なところを歩いているかもね。

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

齋藤寅 「世田谷一家殺害事件 侵入者たちの告白」

【15//2013】

齋藤寅 「世田谷一家殺害事件 侵入者たちの告白」読み終わりました。

日本の凶悪犯罪史上に残る「世田谷一家殺害事件」のドキュメンタリーです。

警視庁による正式名称は上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件。

指紋などの遺留品がたくさんあったにもかかわらず、未だに未解決の謎が多い事件です。

世田谷一家殺害事件

この本では外国人による犯罪シンジケートの寄せ集めによる犯行ではないかと書かれています。

警視庁捜査1課の光真章課長は「内容がことごとく事実と異なっており、捜査に悪影響を及ぼす」などとする異例のコメントを発表した。らしい。




真相は闇の中です。

Wikipedia
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

映画「探偵はBARにいる」

【14//2013】

映画「探偵はBARにいる」テレビで見ました。



CMが多くて閉口しましたが、盛り上がるラスト付近では少なくしていてちゃんと考えられてました。

ラスト付近ではちゃんとハードボイルドしていました。やるな大泉洋。

BARにかかって来た電話_1


シリーズ第二作目の「BARにかかってきた電話」が原作のようです。

BARにかかってきた電話_2

読んだのがだいぶ前で記憶がかなり薄れています。

映画では車がいい味出してましたね。

ハンカクサイ

北海道と秋田は同じような言葉があるのですが、これは超神ネイガーの悪役「ハン・カクサイ」です。

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

大沢在昌 「絆回廊 新宿鮫10」

【13//2013】

大沢在昌「絆回廊」読み終わりました。

久しぶりに鮫島が帰って来ました。

久しぶりすぎて人物関係を忘れてしまいましたよ。

絆回廊_1

絆回廊_2


オススメ度:です。

さすがベテラン。バラバラのピースが最後はうまく組み上がります

それで絆回廊か。


ネタバレするのであまり詳しく書けませんが、次回作の鮫島がちょっと心配です。


絆回廊_3

ちなみに「このミス」は4位でした。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

宮城谷昌光 「子産」

【12//2013】

宮城谷昌光 「子産」読み終わりました。

久しぶりの宮城谷作品です。


三国志が好きな人は大勢いると思いますが、それよりもはるか前の春秋時代中期のお話です。

子産_4

大国「晋」と「楚」に挟まれた「鄭」という国に生まれた「子国」「子産」親子のお話です。

子産_1

「子産」って誰?という人がほとんどだと思います。

四十にして惑わずの「孔子」は有名ですが、その孔子が尊敬していた人物です。

子産_2

子産_3

オススメ度: かな。

やっぱり子産がマイナーなので、説明が多いです。

歴史書としては超一流ですが、小説としてはちょっと読みづらいかな。


前半は父親の「子国」の話、「子産」後半にようやく登場します。

小国「鄭」を礼と知識で守ります。


ちなみにこの頃日本は、貝をほじくって生活してたようです。

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

深町秋生 「アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子」

【11//2013】

深町秋生 「アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子」読み終わりました。

女性刑事ものです。

女性刑事といえば、誉田哲也の「姫川玲子」や乃南アサの「音道貴子」などがお気に入りですが。

新しいキャラクターの登場です。

今度の主人公「八神瑛子」はちょっと壊れてます。

暴走具合は女ハゲタカといった感じです。

アウトバーン_1

アウトバーン_2

オススメ度:です。

面白かったです。キャラ設定が上手で楽しめました。

元女子プロレスラーなんかは最高です。


その女子プロレスラーが活躍したアクションシーンもなかなかでした

次も是非読んでみたいです。

旦那の死の真相で結構引っ張りそうですね。


関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

このミステリーがすごい! 2011年版、2012年版

【10//2013】

このミステリーがすごい! 2011年版、2012年版買いました。

このミスランキングは俺の好みにかなり近いです。

ランキング入りの傑作は数知れず。

このミス_2011_2012

「ジェノサイド」読みてぇな~

このミス大賞から旅だった海堂尊先生の書き下ろしもありますね。

このミス_2011_2012_2

「ダブル」は14位でした。

深町秋生もこのミス大賞出身なのね。

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

永橋流介 「ゴドルフィンの末裔」

【09//2013】

永橋流介 「ゴドルフィンの末裔」読み終わりました。

競馬のお話です。

お初の作家さんです。っていうかデビュー作みたいですね。

ゴルドフィンの末裔_1


ゴルドフィンの末裔_2

オススメ度: です。

競馬はよく知らないんだけど、普通に楽しめました。


ネタバレ注意

確かに今みたいにいろんな技術が進歩すると、強い馬同士を交配させるなんてまどろっこしコトするよりも、DNAから強い馬をクローンで作ったほうが確実かもね。

そのうちどっかで見た馬が勝ちまくるかもね。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

深谷忠記 「審判」

【07//2013】

深谷忠記 「審判」読み終わりました。

あまり期待してなかったのですが、予想以上に面白かったです。

審判_1

審判_2

オススメ度:です。

冤罪だったのかどうなのか?最後まで引っ張ります。

どうなるんだよと思いつつページをめくっていきます。

作者の思う壺ですね。

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

新宿コクーンタワー

【06//2013】

新宿のコクーンタワーです。

カッコ良かったので思わずパシャリ。

コクーンタワー_1

前に一緒に働いてた中国人はいつもパクリと言われるのが悔しいのか、鳥の巣スタジアムのパクリと言ってましたw

このビルのセブンイレブンは場所が分かりづらいですね。

学生メインだからいいのかもしれませんが…

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

綾小路祐「署長刑事 大阪中央署人情捜査録」

【02//2013】

綾小路祐「署長刑事 大阪中央署人情捜査録」読み終わりました。

お初の作家さんかな。

署長刑事_1

署長刑事_2

オススメ度:   かな。

とにかく前半ダラダラしすぎですね。途中でやめたくなりました。

逆に後半詰め込みすぎです。このへんをなんとかすると面白くなるかも。


所轄の署長さんの話しなので、必然的にスケールが小さくなってしまいます。

最後に無理やり話を広げたような感じになっていますが。


2時間ドラマにしたら面白いかも。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

深町秋生「ダブル」

【01//2013】

深町秋生「ダブル」読み終わりました。

忙しくてサボっている間に読んだ本がかなり溜まっています


ダブル_1

ダブル_2

オススメ度:です。

簡単にいうと復讐ものです。よくあるといえばよくある感じですが。

途中までは結構淡々と進んでいきますが、ラスト前くらいのドンパチシーンから急に活き活きとするように感じました。

馳星周あたりのドロドロとした復讐よりは、結構あっさり目かな。


題名の「ダブル」は読み終わったあとになるほどね。と納得しました。

いろんな意味があります。


伏線とか気にしないで楽しみたい人におすすめ。
関連記事

Category:

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。