2012 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2012 12

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

佐々木譲 巡査の休日

【30//2012】

佐々木譲 巡査の休日 読み終わりました。

北海道警シリーズの第四弾です。


内容紹介
神奈川県で現金輸送車の強盗事件が発生し、犯人の一人に鎌田光也の名が挙がった。

鎌田は一年前、ストーカー行為をしていた村瀬香里のアパートに不法侵入したところを小島百合巡査に発砲され、現行犯逮捕された。

だが、入院中に脱走し指名手配されたまま一年が経ってしまったのだ。

一方、よさこいソーラン祭りで賑わう札幌で、鎌田からと思われる一通の脅迫メールが香里の元へ届く。

小島百合は再び香里の護衛につくことになるのだが・・・・・・。

大人気道警シリーズ第四弾、待望の文庫化。

<
a href="http://blog-imgs-56.fc2.com/h/i/k/hikokichi/CIMG4963.jpg" target="_blank">佐々木譲_巡査の休日_1

オススメ度:です。

面白かったです。ラストはなかなかです。


なんかドラマ化されてたような気がする。
関連記事
スポンサーサイト

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

殿堂入り 松岡圭祐 ミッキーマウスの憂鬱

【29//2012】

先日舞浜に行って来ました。

だいぶ前に読んだこの小説を思い出しました。

面白かったので殿堂入りにしておきます。


内容紹介

史上初ディズニーランド青春小説

ようこそ裏舞台(バックステージ)へ!

東京ディズニーランドのバイトになった21歳の若者。

友情、トラブル、純愛……。様々な出来事を通じ、やがて裏方の意義や誇りに目覚めていく。

秘密のベールに包まれた巨大テーマパークの〈バックステージ〉で働く人々の3日間を描く、感動の青春成長小説。


内容(「BOOK」データベースより)

東京ディズニーランドのバイトになった21歳の若者。友情、トラブル、純愛…。

様々な出来事を通じ、やがて裏方の意義や誇りに目覚めていく。

秘密のベールに包まれた巨大テーマパークの“バックステージ”で働く人々の3日間を描く、感動の青春成長小説。


松岡圭祐_ミッキーマウスの憂鬱_1


松岡圭祐_ミッキーマウスの憂鬱_2

松岡圭祐の殿堂入りは2作目ですね。

お気に入りの作家です。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

大きなデニッシュドーナツ

【27//2012】

ローソンの大きなデニッシュドーナツです。

甘いもの好きなオジサンのお気に入りです。

安くてデカくてまあまあ美味しいです。

揚げパン

揚げパンに砂糖をコーティングしてるような感じです。

お腹まわりが気になりますが笑
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

牛乳と卵の手巻きロール

【26//2012】

100円ローソンで買ってみましたが美味しかったです。

生チョコロール

ちょっと浮気してBOSSにしてみました。

最近エメマンは売上4位で、BOSSは1~3位独占みたいです

ついオマケがついてると甥っ子用に買ってしまいます。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

柔軟剤

【25//2012】

加齢臭で人様に迷惑をかけないように柔軟剤を使っています。

お気に入りはレノアプラスの「フレッシュグリーン」の香りです。

レノア

カプセル効果はたまに感じられます。

いい匂いで気に入っています。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

宇宙ニュース

【23//2012】

どーも宇宙大好きオヤジです。

テレビ東京で素晴らしい番組「宇宙ニュース」毎週録画にして楽しみに観ています。

他の地域でも放送してるのでしょうか?

スポンサーのアットホームもえらい!



星出宇宙飛行お疲れ様でした。無事帰還できてよかったです。

なぜかサラ・ブライトマンが宇宙に行くみたいです。

宇宙キャスターの大江さんも奇麗ですね。





関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

高嶋哲夫 冥府の虜

【22//2012】

高嶋哲夫 冥府の虜 読み終わりました。

原発事故の起こるだいぶ前、平成12年に出版されました。

出版社からのコメント
友情に結ばれた男たちの最後の決断に涙して下さい。  

亡命先の旧ソ連から17年ぶりに帰国した科学者西村は、連邦崩壊の荒波の中、何を見てしまったのか? 

『冥府の虜』というタイトルは、プルトニウムに取り憑かれた人間たちを指すと同時に、「地獄から帰ってきた男」という意味も込めています。

原発燃料強奪計画を追うサスペンスを横糸に、しだいに浮上する突然の帰国目的と、西村自身の存在の秘密。

フリーマントル初期の傑作『別れを告げに来た男』(新潮文庫)に匹敵する驚きが読者を待ちます。

そして物語のクライマックスで西村が、親友で主人公の嶋木に要求する非情の決断。

担当編集者は第一稿読了後、しばらく席を立てませんでした。

 サントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞した著者は元原子力研究者。

内側から描かれた原子力発電に携わる人々には真摯なものがあります。


内容(「BOOK」データベースより)
一九八六年四月二十五日、ソ連、チェルノブイリ原発事故発生。

二〇○X年、福井県で高速増殖炉『飛翔』が完成を目前にしていた―。

『飛翔』計画のリーダー嶋木は、警察庁の梶山に、十七年前に失踪した親友・西村の消息を訊問された。

来日するロシア原子力視察団員のペトロビッチ博士こそ、西村だというのだ。

嶋木の妻イレーナを奪って消えた西村が、今なぜ祖国へ帰るのか。

そして警察に追われる理由とは何か?やがて来日科学者の突然死、『飛翔』用プルトニウム強奪計画の噂、ロシア軍流出武器を使う暴力団抗争の続発、視察団員の大量失踪―不審な事件が連鎖し、嶋木が愛する者たちにも危機が迫る!そして浮上した悪夢の計画。

それは人類の未来を揺るがす巨大な陰謀だった…。

サントリーミステリー大賞受賞の気鋭が書下ろした迫真の超級サスペンス。
プルトニウムの名前の元になったのが
高嶋哲夫_冥府の虜

オススメ度: です。

■プルトニウム【plutonium】

アクチノイドに属する超ウラン元素。プルトニウムの語源のプルート(Pluto)は、ローマ神話の「冥界の王 」を意味します。

ウラン、ネプツニウムがそれぞれ太陽系の惑星の天王星、海王星にちなんで命名されていたため、当時海王星の次の惑 星と考えられていた冥王星から命名されたそうです。最初の2文字のPLは、冥王星を発見した天文学者パーシヴァル・ローウェルのイニシャルでもあります。


今回の地震で原子力発電所無しでもなんとかなることがバレてしまいましたね。

そのかわりガスや石油をバンバン燃やして二酸化炭素を吐き出しているわけですが。

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

堂場瞬一 策謀

【21//2012】

堂場瞬一 策謀 読み終わりました。


毎度おなじみ堂場瞬一です。カテゴリー作りました。

警視庁追跡捜査係シリーズの第二弾です。


今回は沖田と西川は別の事件を操作しています。

いずれ2つの事件が重なりあうんだろうなと思って読んでいましたが、なかなか焦らしてくれます笑

内容紹介
五年前、渋谷で殺人を犯し、国際手配されていた船田透が突如帰国するとの情報が、追跡捜査係の西川大和の許に入った。

逮捕されるとわかりながら、なぜ船田は帰国するのか? 

無事逮捕できたものの、黙秘を続ける船田の態度に西川は不審を抱くのだった――。

一方、五年前のビル放火事件の洗い直しを続ける沖田大輝は、犯行の動機に疑問を感じていた。

細い手掛かりを求め奔走する沖田。

やがて、それぞれの事件は、時を経て再び動き始める――。

書き下ろし長篇警察小説。


策謀_1堂場瞬一

策謀_2堂場瞬一

オススメ度:です。

面白かったー

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

今野敏 ST警視庁科学特捜班

【20//2012】

今野敏 ST警視庁科学特捜班 読み終わりました。

内容紹介
警察の常識を打ち破る特捜班・STが大活躍多様化する現代犯罪に対応するために新設された警視庁科学特捜班のプロファイラーが見破った連続猟奇殺人事件の矛盾とは?

ノベルスの原点、痛快無比の面白さ!

内容(「BOOK」データベースより)
多様化する現代犯罪に対応するため新設された警視庁科学特捜班、略称ST。

繰り返される猟奇事件、捜査陣は典型的な淫楽殺人と断定したが、STの青山は一人これに異を唱える。

プロファイリングで浮かび上がった犯人像の矛盾、追い詰められた犯罪者の取った行動とは。

痛快無比エンタテインメントの真骨頂。


個性的で強烈なキャラクターが揃っています。

警視庁科学特捜班

オススメ度: です。

前に読んだな。

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

堂場瞬一 交錯

【15//2012】

堂場瞬一 交錯 読み終わりました。

毎度おなじみ堂場瞬一です。

新シリーズでしょうか?

「相棒」と「おみやさん」ですね笑

内容(「BOOK」データベースより)
白昼の新宿で起きた連続殺傷事件―無差別に通行人を切りつける犯人を体当たりで刺し、その行動を阻止した男がいた。

だが男は、そのまま現場を立ち去り、そして月日が流れた。

未解決事件を追う警視庁追跡捜査係の沖田大輝は、犯人を刺した男の僅かな手がかりを探し求めていた。

一方、同係の西川大和は、都内で起きた貴金属店強盗を追って、盗品の行方を探っていた。

二人の刑事の執念の捜査が交錯するとき、それぞれの事件は驚くべき様相を見せはじめる。

長篇警察小説シリーズ、待望の第一弾。


交錯_1

交錯_2

オススメ度: です。

他の作家だったら「5」かな。

堂場瞬一作品ということでハードル上がってます。

続編に期待です。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

雫井脩介 殺気!

【14//2012】

雫井脩介 殺気!読み終わりました。

女子大生が主人公のせいか、軽くて読みやすかったです。

主人公のましろには特殊能力があって、人の放つ殺気を敏感に感じ取ってしまいます。

その能力が物語の伏線になっていきます。

子供のころに連れ去り事件にあって、催眠療法で記憶に蓋をしますが成人式の後いろいろな事件や出来事がおきてだんだん記憶を取り戻していきますが…


殺気1

殺気2

おススメ度: かな。


軽いので電車の中で読むにはちょうどいいんじゃないでしょうか?

俺が読むと一日で読んでしまいますが。


「ビターブラッド」の続編でないかな。ジャケットプレーがツボなんですが。

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

佐々木譲 暴雪圏

【13//2012】

佐々木譲 暴雪圏読み終わりました。

川久保巡査部長シリーズ第二段らしいです。

第一弾の「制服捜査」も売っていましたが、短編なので買いませんでした。

内容(「BOOK」データベースより)
三月末、北海道東部を強烈な吹雪が襲った。

不倫関係の清算を願う主婦。

組長の妻をはずみで殺してしまった強盗犯たち。

義父を憎み、家出した女子高生。

事務所から大金を持ち逃げした会社員。

人びとの運命はやがて、自然の猛威の中で結ばれてゆく。

そして、雪に鎖された地域に残された唯一の警察官・川久保篤巡査部長は、大きな決断を迫られることに。

名手が描く、警察小説×サスペンス。


暴雪圏1

暴雪圏2

おススメ度:です。

いやー面白かったです。

冬の北海道が舞台です。

10年に一度の爆弾低気圧によって道路が次々に封鎖されていきます。

そんな中強盗殺人事件をはじめ色々な事件や出来事が起こっていきます。

雪のせいで広いはずの北海道がどんどん狭く密室に近くなっていきます。

そんな中村の駐在さんの川久保巡査部長はどう行動するのか。


とりあえず読んでみてちょ。

関連記事

Category:

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

オスプレイ スピナーベイト

【12//2012】

オスプレイと聞いてこちらを思い浮かべる人は釣りバカですね。

オスプレイは鳥のミサゴのことらしいです。

そう言われても思い浮かびませんが。

オスプレイ1

バス釣り界のスーパースター並木敏成設計です。

結構ブルブル感多めで、引き心地は重めです。


こんなので釣れるのかって?釣れるんですよ
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

鉄拳パラパラ漫画

【11//2012】

鉄拳のパラパラ漫画です。

才能ありますね。






基本的に寂しいのや、悲しいのが多いかな。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ダウト 偽りの代償

【08//2012】

ダウト 偽りの代償観ました。

小説もそうですが期待してないほうが、いい場合が多々ありますね。

逆に期待しすぎてハードルあげすぎて、がっかりするのはよくありますが笑


この映画は期待してなかったほうです。



おもしろかったですよ。あまり詳しく書けませんが。

サスペンス好きな人は気に入るでしょう。

こうやって書いた時点ですでにハードルが上がってるかな笑

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

馳星周 弥勒世

【07//2012】

馳星周 弥勒世読み終わりました。

まーいろいろ大変でした。濃いです。

馳星周おなじみの小悪党が主人公です。

沖縄が日本に返還される直前の時代が舞台になっていますが、このころを描いた小説はあまりないんじゃないでしょうか。

内容紹介

返還前夜の沖縄の現実を抉り出す暗黒小説

コザで英字新聞の記者を務める伊波尚友はCIA局員から反戦活動に関するスパイ活動を迫られ承諾。

激化するベトナム戦線をめぐる黒人と白人の対立、地元住民の不満が燻る中、反米活動を続けながら情報を集めていく。

内容(「BOOK」データベースより)

沖縄の憎悪は熱波の底に沈殿し、くすぶった炎を煽り続けていた。

現代史の暗部を抉り出した馳ワールドの新境地。



弥勒世

おススメ度: かな。

長い小説が苦手な人にはおススメできません。特に前半はダラダラです。


読みながらいろいろ考えさせられました。

最近の米兵による暴行事件やら、オスプレイ配備やら、普天間基地の移設やら…


敗戦国の悲しさでしょうね。アメリカに用心棒してもらわないと。

北朝鮮や中国やロシアが攻めてきて暴れても自衛隊員が実際に人を撃てるかというと疑問が残りますし。


ところで弥勒世(みるくゆー)ってなんだべ?
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

結城充孝 プラ・バロック

【07//2012】

結城充孝 プラ・バロック読み終わりました。

女性刑事が主人公です。

警察ものですが、普通の警察小説とはちょっと違って近未来的な感じがします。

登場人物の名前がカタカナだからでしょうか?

内容紹介
第12回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作
全選考委員絶賛!

神奈川県警の女性刑事・クロハは、自動車警邏隊から志願して機動捜査隊に異動してきた。

さらなる捜査の最前線を求める彼女が最初に深くかかわることになったのは、埋め立て地の冷凍コンテナから発見された十四体の凍死体だった。

整然と並んだ死体は、覚悟の自殺を思わせる。

集団自殺か?それとも……。


内容(「BOOK」データベースより)
埋め立て地の冷凍コンテナから、14体の凍死体が発見された。

整然と並んだ死体は、誰の、どんな意図によるものなのか?

神奈川県警機動捜査隊に所属する女性刑事・クロハは、虚無感と異様な悪意の漂う事件の、深部に迫っていく…。

圧倒的な構成力と、斬新なアイディアを評価され、選考委員満場一致で新人賞を受賞した期待の新鋭、渾身の一撃。

第12回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。

プラバロック

おススメ度:  かな。

なんとなく浮世離れしてるというか、あっさりしていますね。

姫川玲子のイメージで買うと失敗かも。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

うどん

【02//2012】

美味しそうなので真似してみました。

釜揚げ風です。納豆に大葉、卵に麺つゆです。

うどん1

冷凍麺使ったのでいいコシしてます。

麺つゆ選びがキモかな?濃縮タイプがいいかもね。

まだ試行錯誤中です。


うどん3

肉そば、肉うどんに最近はまってて試作品です。

とりあえずレトルトの牛丼かけてみました。

こちらもまだ改良の余地があるかな。

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ひこ散歩 今宮神社

【01//2012】

今日は目白坂下にある今宮神社にお参りしてきました。

今宮神社

小さい神社ですが、横の駐車場に御神輿用と思われるガレージが10個位ありました。

お祭りは盛り上がりそうですね。

けっこう参拝客はいますね。地元の人に愛されてる感じです。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

10月に読んだ本

【01//2012】

2012年10月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:3772ページ
ナイス数:1ナイス

孤宿の人 下孤宿の人 下
読了日:10月24日 著者:宮部 みゆき
孤宿の人 上孤宿の人 上感想
徐々に盛り上がってきました。下巻が楽しみです。
読了日:10月19日 著者:宮部 みゆき
官製不況 なぜ「日本売り」が進むのか (光文社新書)官製不況 なぜ「日本売り」が進むのか (光文社新書)感想
いろいろ考えさせられました。結局自分の無力感を感じてどっと疲れました。
読了日:10月17日 著者:門倉貴史
ピース (中公文庫)ピース (中公文庫)
読了日:10月15日 著者:樋口 有介
第四の壁―アナザーフェイス〈3〉 (文春文庫  24-3)第四の壁―アナザーフェイス〈3〉 (文春文庫 24-3)感想
設定が面白かったです。
読了日:10月15日 著者:堂場 瞬一
無限遠 (小学館文庫)無限遠 (小学館文庫)
読了日:10月15日 著者:香納 諒一
最も遠い銀河〈下〉最も遠い銀河〈下〉感想
泣けました。破滅に向かって物語が進んでいきますが…
読了日:10月8日 著者:白川 道
最も遠い銀河〈上〉最も遠い銀河〈上〉
読了日:10月3日 著者:白川 道
約束の河 (中公文庫)約束の河 (中公文庫)感想
確かに暗いな。ラストでちょっと救われるかな。
読了日:10月3日 著者:堂場 瞬一

読書メーター

関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。