2012 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 08

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

東北魂

【29//2012】

レッドカーペットのコラボ企画です。



秋田代表鳥居みゆきがんばってますね。

喋らなかったら秋田美人?
関連記事
スポンサーサイト

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「なおざり」と「おざなり」、どちらを使えばいいの?

【26//2012】

http://news.livedoor.com/article/detail/6761912/
関連記事

Category:

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ひこ散歩

【25//2012】

最近微妙にハマっている神社めぐりです。

今回は大阪の桜宮神社です。


世間の目は大阪天満宮に向いているようですが。

遠いのでやめました。


桜宮神社

それにしても暑いですね。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ワンピース 65巻、66巻

【25//2012】

ワンピース 65巻、66巻です。

ホテルでは小説より漫画のほうがいいです。

出張があったときに読もうと思って読まずにいました。


長かった魚人島篇がやっと終わりました。

全員が2年間ですごく強くなってましたね。


それにしても新世界はやばそうです。

ワンピース_6566

海外の人に玉手箱とかの感覚がわかるのかな?
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

大阪のたこ焼き

【23//2012】

またまた大阪に来てます。

たこ焼きを買ってみました。

もっといっぱいたこ焼き屋があるのかな、と思いましたがそんなにたくさんはありませんね。

家で作るからでしょうか?


オマール海老の出汁が売りのようです。

確かにだしがきいてて美味しかったです。

たこ焼き

25日から天神祭のようです。

仕事なのであまり関係ありませんが。

関連記事

Category:

Comments (4)Trackbacks (-) | トップへ戻る

村上龍 愛と幻想のファシズム

【20//2012】

村上龍愛と幻想のファシズムです。

エヴァンゲリオンの庵野監督が村上龍の大ファンで、登場人物の名前をこの小説からいただいちゃっています。


日本経済が崩壊した世界に若い独裁者があらわれます。

そしてクーデターを起こすわけですが、その方法が興味深いです。

当時村上龍が経済を猛勉強中ということもあって、武力だけでなく経済も絡めてきます。

結局何をやるにしてもお金が大事ってことです。

経済界の重鎮なども味方につけていきます。


おもしろいのが、この本が書かれたのがバブル崩壊の前だってことです。

歴史は繰り返すといいます。

昔オランダでチューリップが投機の対象になったことがありました。

最終的には球根一個で家が買えるまで値上がりしました。

そのうちこれはおかしいんじゃないか?という人が出始め、チューリップバブルは崩壊します。


日本の場合はそれが土地だったわけです。

きっかけはたしかNHKの「この土地は誰のもの?」という番組だった気がします。

愛と幻想のファシズム

おすすめ度:です。

経済好きの人は楽しめると思います。そうでない人もそれなりに。

古さはさほど感じないと思いますよ。



関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

海堂尊 ひかりの剣

【18//2012】

海堂尊ひかりの剣読み終わりました。

欲しかったんですがついに手に入れました。


ジェネラル・ルージュの速水先生が主人公です。

いやジーン・ワルツの清川が主役か?眠り猫はもちろんでてきません。


大学時代の剣道のお話です。スポーツものです。

結構バチスタシリーズを補完する役割を担ってるかもしれません。


伝説の種を蒔いたのは高階ゴン太院長だったのね。院長が剣道部の顧問じゃなかったら…

時代的にはブラックペアン1988の頃です。


麻雀カルテットの田口センセーは渡海先生の実習があったからグチ外来の道へ。

結構頑固者です。


島津先生は優等生です。

ひかりの剣

高階院長はずっと腹黒たぬきかと思ってましたが、意外と何も考えてないんじゃないか?と最近思い始めました。

気付かない登場人物がいっぱいいそうです。


おすすめ度: です。

シリーズ知らない人も剣道小説として楽しめますよ。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

宝物

【14//2012】

村上龍大先生に直接サインをもらったわけではないのですが。

村上龍_サイン1

村上龍_サイン2

宝物です。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

釣巻礼公 エレクトロンの悪夢

【12//2012】

釣巻礼公エレクトロンの悪夢読み終わりました。


内容(「BOOK」データベースより)
大手電機メーカーで自律制御型のロボット開発に携わってきた花村平太は、会社と自分の研究の方向性の違いに限界を感じ、会社を辞す。

自ら会社を立ち上げ経営も順調になってきた頃、不運にも自動車事故を起こしてしまう。

相手の女性を半身不随にしてしまった花村は責任を感じ、私財を投じて再び自律制御型ロボットの開発を始め、彼女の介護に役立てようと考えた。

自律制御の車椅子型ロボットの製造に成功し、匿名でそのロボットを贈った花村は、さらに進化したヒト型のロボットの開発にも乗り出す。

新しいロボットが完成し、2台が出会った時、予期せぬ出来事が発生した…。最先端科学技術情報を満載したSFホラー大作。


内容(「MARC」データベースより)
事故で半身不随になってしまった女性の介護のため、車椅子とヒト型のロボットを開発した元エンジニア。

しかし、2台のロボットが出会った時、悪夢が始まった…。



読書メーターの今読んでいる本に登録したら、珍しく登録してる人はゼロでした。

Amazonのレビューもゼロです…


SFホラーとあるように、理系の人向きかもしれません。


とりあえず有名なロボット三原則から

一. ロボットは、人間に危害を加えてはならない。

一. ロボットは、人間から与えられた命令に服従しなければならない。

一. ロボットは、前掲第一条及び第二条に反する恐れのない限り、自己を守らなければならない。

よくよく考えたらこんなものプログラムを悪意ある人間が書き換えたり、ロボット自身が書き換えたらおしまいですよね。

性善説ってやつでしょうか?


なんでこんなことを書くのかといいますと、

主人公が交通事故を起こして人をはねてしまいます。

エンジニアなので介護用に車椅子型のロボットと人型ロボットをプレゼントしますが、ご想像のとおり暴走します笑

その辺はひとひねり、ふたひねりしてあって面白いエンターテイメントになっています。

エレクトロンの悪夢

映画のアイロボットみたいにロボットが人間社会に牙をむく、みたいな壮大な話ではありませんでした。

もっと人間ぽいどろっとした感じです。


おススメ度: かな。

文系の人にはちんぷんかんぷんかも。

細かいことに気にしなければ面白いです。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

金子達仁 28年目のハーフタイム

【09//2012】

金子達仁28年目のハーフタイムです。

特にネタがないので昔の本を紹介します。

そろそろロンドン・オリンピックということもありますし。


この本の舞台は2006年のアトランタ五輪の予選と本戦です。


今でこそ育成システムが充実してきて、ワールドカップやオリンピックに結構あっさり出場が決まったりしてますが、昔は大変でした。

昔は日本も弱かったため、相対的にアジアの壁は高くなってました。

韓国にはほとんど勝てませんでした。


弱小チームが取る戦略といえば取り敢えず守りを固めてカウンターという戦略になってしまいます。

そこに異を唱えるのが後のスーパースターの若き日の中田英寿です。

もっと攻撃的に行こう。と例の歯に絹を着せない物言いで発言することで守備陣との軋轢が生じます。

しまいには当時の西野監督までも中田英寿を持て余し始めます。


そのへんの緊迫感あるやり取りが、良く書けてます。

この作者の最高傑作です。この後の作品は…


良質のスポーツノンフィクションをお探しの人はぜひ。


28年目のハーフタイム

その後西野監督はガンバ大阪を率いてアジア・チャンピオンズリーグを制します。

アジアのクラブチームの頂点に立ち、名監督の仲間入りを果たしましたとさ。

めでたしめでたし。


あの頃の川口能活は凄かった。

中田英寿は村上龍ファンです。

28年目のハーフタイム (文春文庫)
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

秋田の奇祭 統人行事

【07//2012】

今日は地元の祭りでしたね。

子供心には怖かった記憶があります。




秋田県潟上市天王で毎年7月7日に行われる。

東湖八坂神社の例祭であり、聖なる儀式で神格を得た男がスサノオノミコトとなり、黒牛に乗り街中を練り歩く。

めずらしい祭りである。


関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

出張終わり

【06//2012】

大阪の仕事が終わったので神奈川帰ります。

長い出張だと太りますね。

関連記事

Category:

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

今邑彩 いつもの朝に

【04//2012】

今邑彩 いつもの朝に読み終わりました。

初めての作家さんでしたが面白かったです。

出版社 / 著者からの内容紹介

兄弟の出生に秘められた、恐怖と感動の真実。

容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能の兄と、兄とは正反対で何をやらせても落ちこぼれの弟。

二人はあるきっかけで恐ろしい出生の秘密を知ってしまう…。戦慄と感動のホラーミステリー。


内容(「BOOK」データベースより)

父を事故で失った日向家。画家の母と優秀な兄、そして落ちこぼれの弟・優太。

二人はあるきっかけで恐るべき出生の秘密を知る…新感覚ホラーミステリー。



いつもの朝に上下

おすすめ度:です。

読後感が非常にさわやかでした。おすすめです。


関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ローソン ぎゅっとショコラ

【03//2012】

ローソンの「ぎゅっとショコラ」です。

初のローソンです。


初めの一口二口ではハズしたかな?

と思いましたが、食べすすめるうちにおいしく思えてきます。


食べ終わる頃には鼻血がでそうになるくらい濃厚でした。

底のほうがぬるぬるした材質でできていてこってますね。

ローソンショコラ

セブンのほうが好きだな。でもおいしいよ。
関連記事

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

大阪

【01//2012】

また大阪行く準備しないと。

面倒くさいな。

関連記事

Category:

Comments (3)Trackbacks (-) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。