2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:逢坂剛 の記事リスト(エントリー順)

| |

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

MOZU

【03//2014】

逢坂剛ファンなので一応ドラマのMOZUみてます^_^;



あいかわらずアホみたいにタバコ吸いまくってます(~_~;)

スポンサーはJT…ではないようです^_^;






よく見たら値段が倍になってるよ(−_−#)

スポンサーサイト

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

逢坂剛 「百舌シリーズ」

【25//2014】

逢坂剛 「百舌シリーズ」ドラマ化されますね。

例によって内容うろ覚えですが…残りの2冊はどこに行った?




WOWWOWと共同制作らしいですが、WOWOWのドラマは映画に近い出来なので期待できるかもしれません。

見てないドラマがどんどん溜まっていきます

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

逢坂剛 兇弾

【08//2012】

逢坂剛兇弾読み終わりました。

おなじみ?禿鷹シリーズの第5弾です。


内容(「BOOK」データベースより)

死せる禿鷹、生きるキャリアを走らす!

史上最悪の悪徳警官が、死を賭して守った署内裏帳簿のコピー。

それが、警察庁幹部によって葬り去られようとしていた。

南米マフィアの復活と共に、血腥い暗闘の火蓋が切って落とされる。



スーパースター?禿鷹が死んだ後のお話です。

良くも悪くも強烈だったトクトミがいなくなって、今まで目立たなかった脇役たちが俄然輝き出します。

元相棒の御子柴、トクトミ並の悪徳警官石動、何を考えてるのかわからない嵯峨に加えて、何とトクトミの嫁が登場します。


さすが逢坂先生、ザッツ・エンターテイメントです

兇弾

おすすめ度:です。

アマゾンの評価が低くてびっくりしました。あてにならないとわかっててもつい見ちゃいますね笑


読み終わってから表紙を見ると納得というか、面白いですね。

Category:

Comments (1)Trackbacks (-) | トップへ戻る

逢坂剛 牙をむく都会

【05//2012】

逢坂剛牙をむく都会読み終わりました。

というか読み終わってました。

音楽探偵岡坂神策シリーズ久しぶりに読みました。

あらすじ : 行きつけのバーで出会った女は、業界最大手の広告会社の社員だった。彼女の依頼で、現代調査研究所所長・岡坂神策は、映画祭プロジェクトのPRを手がけることに。一方、新聞社が主催するスペイン内戦シンポジウムのコーディネーターも引き受ける。二つの依頼の背後から、戦後史の重大な疑惑が浮上する。

牙を向く都会

読んでみた感想は逢坂剛ファンじゃないと読むのはきついと思います。

西部劇うんちくが長い。映画を観た事がなくても一応楽しめますが、とにかく長いです。

ファンだったらそれなりに楽しめると思います。

それでも他のスペインシリーズが凄すぎるため、ちょっと物足りなさを感じます。

期待してただけにちょっとガッカリしました。

オススメ度:   ですね。

仕事の取引先が神保町にあるので小説にでてくる店を探してみようかな。
10年以上前の作品なのでもうなくなってるかも。


Category:

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。