2012 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 03

カテゴリ:貫井徳郎 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

夜想 貫井徳郎

【13//2013】

貫井徳郎 夜想 読み終わりました。

内容(「BOOK」データベースより)
事故で妻と娘をなくし、絶望の中を惰性でただ生きる雪籐。

だが、美少女・天美遙と出会ったことで、雪籐の止まっていた時計がまた動き始める。

やがて、遙の持つ特殊な力は、傷ついた人々に安らぎを与え始めるが…。

あの傑作『慟哭』のテーマ「新興宗教」に再び著者が挑む。魂の絶望と救いを描いた、渾身の巨篇


夜想_貫井徳郎

おススメ度: かな。

すでに慟哭のストーリーを忘れてしまいました

新興宗教はこうやって始まるのね。

ラストはなかなか良かったが、複雑で読み直しが必要かな。

スポンサーサイト

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

貫井徳郎 修羅の終わり

【16//2012】

貫井徳郎 修羅の終わり 読み終わりました。

3つのストーリーが進んでいきます。


1つ目は現在の警察官の話。

2つ目は過去の警察官の話。

そのうち3つ目の記憶喪失の男の話の時代が問題になってきます。

前世で恋人だったという女性が出現してきて…

姉はなぜ死んだのか?今度は姉と知り合いだという男性が現れ…


修羅の終わり

修羅の終わり_2

オススメ度:   かな。

中間のダラダラの先には…衝撃のラストが…

待っていませんでした。

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

悪党たちは千里を走る読み終わりました。

【19//2012】

悪党たちは千里を走る読み終わりました。

コミカルタッチな誘拐ものでした。

ただの誘拐ものに終わらせず伏線の張り方や、ひねりの加え方はさすがだと思いました。

構えずに素直に楽しみましょう。

お勧め度:☆☆☆です。

ではまた。



Category:

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

貫井徳郎/悪党たちは千里を走る

【15//2012】

悪党たちは千里を走る
つづいては、貫井徳郎/悪党たちは千里を走るです。
表紙がかっこいいです。ジャケ買いです(笑)

貫井作品は今まで5作くらい読んでますが、あまり印象に残っていません。
さよならの代わりにはせつなくなる作品でした。

長編のようです。

それでは読んでみます。

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。