2017 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2017 03

カテゴリ:佐々木譲 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

佐々木譲 「ネプチューンの迷宮」

【02//2014】

佐々木譲 「ネプチューンの迷宮」読みました。

内容(「BOOK」データベースより)
直木賞作家による国際謀略小説の傑作!赤道直下のポーレア共和国支配権をめぐって企てられた国際的陰謀。

大統領派と反大統領派が激しく対立。

その渦中に元海上保安庁特殊救難隊隊長の宇佐美が巻き込まれた。

南国の小さな島を舞台に繰り広げられる謀略と陰謀の嵐。





佐々木譲には珍しく警察モノではありませんね。

最近の小説はミステリーばかりでこのような冒険モノは少ない気がします。

スポンサーサイト

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

警官の条件

【07//2014】

佐々木譲 「警官の条件」読みました。

去年読んだのですでに記憶が曖昧です

前作の続きです。前作はもっと記憶が怪しいです


三代目が主人公で、また加賀屋が登場して因縁の再開です。






これでこのミス一位?という感じです。

面白いことは面白いのですよ。


内容はネタバレ防止のためあまり詳しくは書けません

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

佐々木譲 「ベルリン飛行指令」

【05//2013】

最近ちょっとしたゼロ戦ブームのようなので最高の冒険小説を。

佐々木譲の「ベルリン飛行指令」です。


内容紹介

開戦前夜の一九四〇年、三国同盟を楯に取り、新戦闘機の機体移送を求めるドイツ。

厳重な包囲網の下、飛べ、零戦。ベルリンを目指せ!


内容(「BOOK」データベースより)

ドイツが入手した日本の最新鋭戦闘機のデータは、まさに驚愕に価した。

ほどなく二人の札つきパイロットに極秘指令が下る。

ゼロ戦を駆ってベルリンへ飛べ―日米関係が風雲急を告げる昭和十五年、英国情報網をかいくぐって銀翼が乱気流を切り進む…

ベルリン飛行指令

血沸き肉踊るってやつですね。



小説とは全く関係ない動画ですが。



戦争は反対ですが、空中戦はなんかスポーツみたいな感じがします。

命がけですが…

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

佐々木譲 「北帰行」

【08//2013】

佐々木譲 「北帰行」読み終わりました。

警察小説の横綱ともいわれる佐々木譲ですが、今回は警察モノではなく巻き込まれサスペンスになっています。

北帰行_1

北帰行_2

おすすめ度: かな。5でもいいかも。

ある意味ストックホルム症候群ってやつかな。

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

佐々木譲「牙のある時間」

【15//2013】

佐々木譲「牙のある時間」読み終わりました。

今回はいつもと違ってホラー・ミステリーだそうです。

牙のある時間_1

牙のある時間_2

オススメ度:  かな。

面白いけどいつもの警察ものには全然及びませんね。

そう言われるのは本人もわかって書いたと思いますが。


Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。