2012 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 03

カテゴリ:香納諒一 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

香納諒一 「幸SACHI」

【25//2015】

香納諒一 「幸SACHI」読みました。

そろそろ直木賞とってもいいんじゃないの?

と思いますが、世間的にはあまり人気がないようで…


内容(「BOOK」データベースより)
認知症の老婆に潜む秘密とは、その哀しみとは何か?!

現在と過去が複雑に絡み合う殺人事件は、やがて「愛」や「家族」や「幸せ」の姿を、二人の刑事たちに突きつけてゆく。








時代が飛んだり、いろんなサチさんが登場したり初めは読むのが大変でしたが、途中からはまりだしました。

臨時の相棒が徐々に本当の相棒に変わっていきます。


表紙はまるっきり内容とは関係ない?

スポンサーサイト

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

香納諒一 「血の冠」

【16//2015】

香納諒一 「血の冠」読みました。

内容(「BOOK」データベースより)

元警官越沼が頭蓋骨を冠のように飾られて殺された。

それは二十六年前の、「キング」と呼ばれた殺人犯による、迷宮入り事件の手口と同じだった―。

弘前中央署会計課の小松一郎は、幼馴染みの警視庁警視正・風間によって、捜査の最前線に立たされる。

少年時代の二人はキングの被害者だったのだ…。

北の街を舞台に、心の疵と正義の裏に澱む汚濁を描く、警察小説の傑作。




評価が難しいです…

面白くないわけじゃないんですが…

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

香納諒一 「心に雹の降りしきる」

【17//2014】

香納諒一 「心に雹の降りしきる」読みました。

内容紹介

7年前に行方不明になった少女の遺留品が発見された。

まったく期待せずに捜査を再開した県警捜査一課の都筑だが、数日後、情報をもたらした探偵・梅崎の死体が発見される。

梅崎はいったい何を掴んでいたのか? 

都筑は足取りを追う……。




やる気のない腐った警官が、どんどん事件に巻き込まれる。

ある意味ハードボイルドの王道ですが、楽しめました

Category:

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

香納諒一 「女警察署長」

【16//2014】

香納諒一 「女警察署長」読みました。

KSPシリーズ第四弾です。

村井チーフが署長になりました。





ザッツ・エンタテインメントです。

楽しめました。

ちょっとしつこいところもありますが…

Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

香納諒一 「夜よ泣かないで」

【14//2014】

香納諒一 「夜よ泣かないで」読みました。


この作品も設定が変わってますね。

たまにある実験的な作品です。






これがハードボイルドかと言われれば?ですが、広い意味では当てはまるかも。


Category:

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。